0

グリルドソーセージ、イチジクと玉ねぎのジャム添え

グリルドソーセージ、イチジクと玉ねぎのジャム添え

この香り豊かな甘酸っぱいジャムは、他にもさまざまな使い道があります。グリルドチーズやハムサンドに塗ったり、チーズや塩漬け肉に添えたりして、お楽しみください。フレッシュなシェーブルチーズ(羊乳チーズ)やシャープなチェダーチーズとよく合います。カリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニョンまたはシラーと一緒にお楽しみください。

4人分

材料:

ドライイチジク(カリミルナ種) 125 g、茎を取り除く
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
玉ねぎ(大) 1個(約315 g)、半分に切って、根から茎まで薄切りにする
フレッシュタイム 小さじ1、みじん切り
フェンネルシード 小さじ1/2
コーシャーソルトまたは海塩と粗挽き黒コショウ
シェリービネガー 大さじ1強
イタリアンソーセージ(辛または甘) 4本(各155 g~185 g)

作り方:

小さいソースパンに水1カップ(250ml)とイチジクを入れます。中火で2分間煮ます。蓋をして30分間置きます。

大きいフライパンを中弱火で熱し、オリーブオイルを入れます。玉ねぎ、タイム、フェンネルシードを加えます。塩コショウします。時々かき混ぜながら、玉ねぎが柔らかくキツネ色になって甘みが出るまで、30分ほど炒めます。焦げないように、必要に応じて弱火にします。

玉ねぎを炒めている間に、中強火の炭火を用意するか、ガスグリルを中強火に予熱します。

穴あきスプーンでイチジクを煮汁から取り出し、薄くスライスします。イチジクと、シェリービネガーと、イチジクの煮汁大さじ2杯を玉ねぎに加えます。時々かき混ぜながら、煮汁が吸収されて味が染み込むで、3~4分炒めます。塩コショウで味を調えます。ジャムは、とろみがあり、甘味と酸味のバランスが取れていなければなりません。

ソーセージの全面にこんがり焼き目が付き、竹串でつついたときに弾力が出るまで、約10分間焼きます。熱いうちに温かいジャムを付けて召し上がってください。

/ ワインと料理の組み合わせ

31 件中 1 ~ 10 件を表示
  • Barbera

    スモークサーモン、生ハムとモッツアレラ、フラットブレッドのフレッシュトマトとバジルのせなどによく合います。

  • Cabernet Franc

    ビーフシチューやゴーダチーズ、ローズマリー風味のポークなどによく合います。

  • Cabernet Sauvignon

    ビーフステーキやローストビーフなどによく合います。

  • Chardonnay

    白身の魚や甲殻類、チキンのバターソースなどによく合います。

  • Chenin Blanc

    ホタテ貝のグリルやチキンのココナッツカレー、羊のチーズなどによく合います。

  • Dessert wines

    一般的に、極甘口のデザート(チョコレート・トルテやクレーム・ブリュレなど)には極甘口のワインが、軽いデザート(フルーツやチーズケーキなど)には軽いデザートワインが合います。

  • Gewürztraminer

    白身魚の燻製やスパイシーな料理、ほんのりと甘いデザートなどによく合います。

  • Grenache

    サラミやハム、ソーセージなどによく合います。

  • Grenache Blanc

    カニやイカ、アサリのガーリックバターソースや、鯛のグリルなどによく合います。

  • Malbec

    ラム肉やビーフ・ファヒータス、根菜のローストなどによく合います。

Page
1   2   3   4  »