スモークサーモンのピゼッタ | California Wines

0

スモークサーモンのピゼッタ

スモークサーモンのピゼッタ

母の日は、このミニピザとスパークリングワインでブランチはいかがでしょう。市販のピザ生地なら簡単ですが、お気に入りの自家製ピザ生地で置き換えることもできます。カリフォルニア・スパークリングワインまたはシャルドネと一緒にお召し上がりください。

4人分

材料:

市販の生または冷凍のピザ生地 500 g

エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2・1/2
赤玉ねぎ(大) 1個、半分に切ってから薄切り
コーシャーソルトまたは海塩
リコッタチーズ(フレッシュ) 1/4カップ(60 g)
粗挽きコショウ
セモリナ粉
ディル 大さじ1+小さじ1、ざく切り
チャイブ 大さじ1+小さじ1、細切り
スモークサーモンのスライス(125 g)

作り方:

冷凍の生地を使う場合は、パッケージの説明に従って解凍します。生地を4等分します(各125 g)。小麦粉を薄く敷いた調理台かトレイで生地を丸め、タオルを軽くかぶせて、常温に戻るまで1時間ほど寝かせます。

オーブンの中段にピザストーンを置きます。焼き始める前に、オーブンを少なくとも45分間、260℃にまるまで予熱します。焼く10分ほど前に、ブロイラーをオンにして上記のピザストーンを過熱します。

大きいフライパンにオリーブオイル大さじ1・1/2杯を入れ、中強火で熱します。玉ねぎを加えて塩をふり、柔らかくなるまで10分間ほど炒めます。玉ねぎが焦げないように、必要に応じて火を弱めます。しばらく置いておきます。

小さいボウルに残りのオリーブオイル大さじ1杯を入れます。

別のボウルにリコッタチーズを入れ、クリーム状になるまでかき混ぜます。塩コショウで味を調えます。

ピザピールまたは縁なしのベーキングシートにセモリナをふりかけます。

手または麺棒で、一度に2枚の生地を18 cmの円に伸ばします。(手で伸ばした方がピザ皮の食感が良くなります。)手早く作業をして、セモリナをまぶしたピールに2枚を移します。炒めた玉ねぎを4等分し、生地の縁を12 mm残し、上に乗せていきます。残りのオリーブオイルをハケなどで縁に薄く塗ります。両方の生地をピザストーンに移し、すぐにオーブンの温度をブロイルから260℃(またはベイクの最高温度)にセットします。ピゼッタがカリッとし、底がこんがりキツネ色になるまで8~10分間ほど焼きます。

ピゼッタをまな板に移します。1枚にリコッタチーズの1/4を乗せます。1枚にスモークサーモンを30 g、ディルとチャイブの1/4を乗せます。それぞれのピゼッタを4等分して、熱いうちにいただきます。オーブンの温度が260℃(またはベイクの最高温度)の設定に戻ったら、残りの2枚にも同じ手順を繰り返します。

/ ワインと料理の組み合わせ

31 件中 1 ~ 10 件を表示
  • Barbera

    スモークサーモン、生ハムとモッツアレラ、フラットブレッドのフレッシュトマトとバジルのせなどによく合います。

  • Cabernet Franc

    ビーフシチューやゴーダチーズ、ローズマリー風味のポークなどによく合います。

  • Cabernet Sauvignon

    ビーフステーキやローストビーフなどによく合います。

  • Chardonnay

    白身の魚や甲殻類、チキンのバターソースなどによく合います。

  • Chenin Blanc

    ホタテ貝のグリルやチキンのココナッツカレー、羊のチーズなどによく合います。

  • Dessert wines

    一般的に、極甘口のデザート(チョコレート・トルテやクレーム・ブリュレなど)には極甘口のワインが、軽いデザート(フルーツやチーズケーキなど)には軽いデザートワインが合います。

  • Gewürztraminer

    白身魚の燻製やスパイシーな料理、ほんのりと甘いデザートなどによく合います。

  • Grenache

    サラミやハム、ソーセージなどによく合います。

  • Grenache Blanc

    カニやイカ、アサリのガーリックバターソースや、鯛のグリルなどによく合います。

  • Malbec

    ラム肉やビーフ・ファヒータス、根菜のローストなどによく合います。

Page
1   2   3   4  »