0

チョコレート、ドライプラム、ヘーゼルナッツを詰めたペアの白ワイン煮

チョコレート、ドライプラム、ヘーゼルナッツを詰めたペアの白ワイン煮

ペアにはチョコレートとドライプラムがよく合います。作り置きデザートの逸品です。カリフォルニア・レイト・ハーヴェスト白ワインまたはスパークリングワインと一緒にお楽しみください。

材料:

白ワイン 2カップ(480 ml)
水 1カップ(240 ml)
砂糖 3/4カップ(150 g)
オレンジ 1/2個、薄切り
バニラビーンズ 1/2個
クローブ 3個
カルダモンパウダー 小さじ1/4(1.25 ml)
ペア(ボスクやコミスなど、皮をむいて柄が無傷のもの) 6個
ドライプラム(種なし) 12個
冷凍パイ生地 1斤、冷蔵庫に一晩置いて解凍しておく
ブラックチョコレート(カカオ60~70%) 100 g、溶かしておく
炒ったヘーゼルナッツ みじん切りにしたもの1/3カップ(80 ml)
オレンジの皮 細かくおろしたもの小さじ1(5 ml)
卵 1個、軽くかき混ぜておく
水 小さじ1(5 ml)

作り方:
ペアとドライプラムがちょうど収まるサイズの片手なべに、ワイン、水、砂糖、オレンジ、バニラビーンズ、クローブ、カルダモンを入れて混ぜ合わせます。煮立てて、かき回しながら砂糖を溶かします。その液にペアとドライプラムを浸し、中弱火にします。なべにふたをして、ペアを串で刺して柔らかいと感じるまで(ドロドロの状態にならないように注意)、25~30分間煮込みます。煮込んでいる間に時々、表裏を返して、全体に熱が伝わるようにします。

ペアとドライプラムを液から出して、焼き皿に移します。煮汁を目の細かいこし器でこしながら、小さめの片手なべに流し込みます。こし器に残った物は捨てます。

煮汁を火にかけ、水分が約1カップ(240 ml)まで減り、全体がシロップ状になるまで約20分間煮詰めます。煮汁を煮詰めている間に、メロンボーラーや小型スプーンを使ってペアの底から芯をくりぬきます。シロップをペアとドライプラムの上からかけ、室温で冷まします(作り置きをする場合は、冷蔵庫で最長2日間)。

オーブンを200℃に予熱します。

パイ生地を切って、ペアの半径より大きめの半径2.5 cm程度の円盤を6枚作り、オーブンシートを敷いた天板に並べます。フォークを生地の数カ所に差します。

ペアとドライプラムをシロップから取り出します。残りのシロップは保存しておきます。ペアのシロップをペーパータオルでふき取り、ドライプラムを刻みます。小さめのボウルに、溶かしたチョコレート、ヘーゼルナッツ、オレンジの皮、刻んだドライプラムを入れて、よく混ぜ合わせます。

スプーンでチョコレートの詰め物をすくい、ペアの芯の部分に入れます。残ったチョコレートの詰め物は、大きめのスプーンですくい、それぞれのパイ生地の円盤の中央に広げます。広げた詰め物の上にペアを立てて、生地の縁を折り曲げて、ペアと詰め物を巻くようにします。小さめのボウルに卵と水を入れてかき混ぜ、卵液を生地に薄く塗ります。

ペアをオーブンに入れ、生地がふっくらと膨らんできつね色になるまで15~20分間焼きます。オーブンから取り出し、先ほど保存しておいたシロップをペアに塗ります。ホイップクリームを添えて食卓に出します。

/ ワインと料理の組み合わせ

31 件中 1 ~ 10 件を表示
  • Barbera

    スモークサーモン、生ハムとモッツアレラ、フラットブレッドのフレッシュトマトとバジルのせなどによく合います。

  • Cabernet Franc

    ビーフシチューやゴーダチーズ、ローズマリー風味のポークなどによく合います。

  • Cabernet Sauvignon

    ビーフステーキやローストビーフなどによく合います。

  • Chardonnay

    白身の魚や甲殻類、チキンのバターソースなどによく合います。

  • Chenin Blanc

    ホタテ貝のグリルやチキンのココナッツカレー、羊のチーズなどによく合います。

  • Dessert wines

    一般的に、極甘口のデザート(チョコレート・トルテやクレーム・ブリュレなど)には極甘口のワインが、軽いデザート(フルーツやチーズケーキなど)には軽いデザートワインが合います。

  • Gewürztraminer

    白身魚の燻製やスパイシーな料理、ほんのりと甘いデザートなどによく合います。

  • Grenache

    サラミやハム、ソーセージなどによく合います。

  • Grenache Blanc

    カニやイカ、アサリのガーリックバターソースや、鯛のグリルなどによく合います。

  • Malbec

    ラム肉やビーフ・ファヒータス、根菜のローストなどによく合います。

Page
1   2   3   4  »