0

ブルーチーズバターとクランベリージンファンデルソースで味付けしたフィレミニョン、ローストガーリックマッシュポテト添え

ブルーチーズバターとクランベリージンファンデルソースで味付けしたフィレミニョン、ローストガーリックマッシュポテト添え

ローズマリーを加えた赤ワインソースで味付けし、上質な合成バターを乗せた柔らかいフィレミニョンステーキは、どんなお祝いの席でも喜ばれる料理です。ジンファンデルまたはカベルネ・ソーヴィニョンと一緒にお楽しみください。

6人分

材料:

大きめのニンニク鱗茎 3個
エクストラバージンオリーブオイル
無塩バター 大さじ4(56 g)、柔らかくしておく
ブルーチーズ 40 g、室温に戻しておく

ソースの材料:
ドライクランベリー 1/3カップ(80 ml)
ジンファンデルワイン(赤) 1/4カップ(60 g)と2カップ(480 ml)
無塩バター 大さじ1(15 ml)、室温に戻しておく
中くらいのエシャロット 1本、みじん切り
ニンニク 1片、みじん切り
ビーフ肉汁 1カップ(240 ml)
ローズマリーの小枝 1本(5 cm)

マッシュポテトの材料:
ユーコンゴールドポテト 1.25 kg、四つ切り

サワークリーム 3/4カップ(180 ml)
ローストガーリックピューレ 1/3カップ(80 ml)
無塩バター 大さじ4(56 g)、室温に戻しておく
粗挽き黒コショウ 小さじ1/4(1.25 ml)

ステーキの材料:
フィレミニヨン 6枚(それぞれ約170 g)
塩と粗挽きコショウ
無塩バター 大さじ4(56 g)、室温に戻しておく(分けて使う)

作り方:

ニンニクのロースト方法:
オーブンを200℃に予熱します。ニンニク鱗茎の外皮を剥ぎます。小鱗茎を傷つけないように注意しましょう。ニンニク鱗茎の上部約0.5 cmの部分を切り取ります。切った面を上に向け、大きいサイズのアルミホイルに並べます。軽くオリーブオイルを振りかけてから、ニンニク全体をアルミホイルで包んで密封します。ニンニクをオーブンに入れ、柔らかくなるまで40~50分間焼きます。オーブンから取り出し、手で触れるくらいまで冷まします。冷めたらボウルに押し出し、フォークでペースト状になるまですりつぶします。ペースト状になると、約1/2カップ(120 ml)の分量になります。

合成バターを作り方:
バター、チーズ、ローストガーリックピューレ小さじ1(5 ml)を小さめのボウルに入れ、すりつぶして混ぜ合わせます。このバターをポリエチレンラップに乗せてくるくると巻き、長さ約7.5 cmの円筒状にします。冷蔵庫で最低1時間寝かせます。食卓に出す10分前に冷蔵庫から出し、円盤状に6等分します。

ソースの作り方:
クランベリーとジンファンデルワイン小さじ1/4カップ(60 ml)を小さめのボウルに入れて混ぜ合わせます。
中型サイズの片手なべに、バター大さじ1(15 g)を入れて中火で溶かします。エシャロットとニンニクを加え、柔らかくなり香りが出るまで3分間ほど炒めます。ジンファンデルワイン2カップ(480 ml)、ビーフ肉汁、ローズマリーを加えます。このソースを25分ほど煮詰めて、水気が半分になったら火からおろします。目の細かいこし器で、ソースをこしながらボウルに移します。こし器に残った物は捨てます。水で戻したクランベリーの水気を切ってソースに加えます。戻し汁は捨てます。

ポテトの調理法:
ソースを煮詰めている間、なべにポテトと塩小さじ1(5 ml)を入れ、ポテト全体が浸るまで冷水を加えます。ポテトが柔らかくなるまで20分間ほど茹でます。ポテトの水気を切って、なべに戻します。サワークリーム、ローストガーリック、バター、コショウ、塩小さじ1(5 ml)を加え、ポテトをマッシャーでつぶしながら全体をよく混ぜ合わせます。ラップして保温します。

フィレミニョンの調理法:
フィレミニョンに塩コショウをします。大きなフライパンにバター大さじ2(30 g)を入れ、中強火で溶かします。フライパンにステーキを並べ、お好みの焼き加減になるまで焼きます。片面につき4~5分でミディアムになります。温めた大皿にステーキを取ります。それぞれに、ひとつまみの合成バターを乗せます。

同じフライパンに、取っておいたワインソースを注いで煮立てます。煮立つまでに、茶色の固形物をこすり取って捨てます。煮立ったら中弱火にして、さらに2分間煮込みます。バター大さじ1~2(15 g~30 g)を入れてかき混ぜ、なめらかになったら火からおろします。

スプーンでソースをすくい、ステーキにかけて出来上がりです。ガーリックマッシュポテトを添えて出します。

/ ワインと料理の組み合わせ

31 件中 1 ~ 10 件を表示
  • Barbera

    スモークサーモン、生ハムとモッツアレラ、フラットブレッドのフレッシュトマトとバジルのせなどによく合います。

  • Cabernet Franc

    ビーフシチューやゴーダチーズ、ローズマリー風味のポークなどによく合います。

  • Cabernet Sauvignon

    ビーフステーキやローストビーフなどによく合います。

  • Chardonnay

    白身の魚や甲殻類、チキンのバターソースなどによく合います。

  • Chenin Blanc

    ホタテ貝のグリルやチキンのココナッツカレー、羊のチーズなどによく合います。

  • Dessert wines

    一般的に、極甘口のデザート(チョコレート・トルテやクレーム・ブリュレなど)には極甘口のワインが、軽いデザート(フルーツやチーズケーキなど)には軽いデザートワインが合います。

  • Gewürztraminer

    白身魚の燻製やスパイシーな料理、ほんのりと甘いデザートなどによく合います。

  • Grenache

    サラミやハム、ソーセージなどによく合います。

  • Grenache Blanc

    カニやイカ、アサリのガーリックバターソースや、鯛のグリルなどによく合います。

  • Malbec

    ラム肉やビーフ・ファヒータス、根菜のローストなどによく合います。

Page
1   2   3   4  »