0

海鮮醤ハンガーステーキの炭火焼と、ごまねぎ冷麺

海鮮醤ハンガーステーキの炭火焼と、ごまねぎ冷麺

ハンガーステーキは「ブッチャーカット」とも呼ばれ、格別に柔らかく肉厚な赤身肉です。見つからなければ、フランクステーキか超薄切りのスカートステーキで代用できます。ごま風味の冷麺は、仕上げを除いて数時間前に準備できます。カリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニョンまたはカベルネ・フランと一緒にお召し上がりください。

4人分

材料:

マリネ液の材料:
海鮮醤ソース 1/4カップ(60 ml)
ごま油 大さじ2
純米酢 大さじ1+小さじ1
コーシャーソルトまたは海塩 小さじ1

ハンガーステーキ(ホール)2枚か、フランクステーキまたはスカートステーキ750 g

ごまねぎ冷麺
ごま油 大さじ2・1/2
濃口しょうゆ 大さじ2
辣椒油 大さじ1
バルサミコ酢 小さじ2
米酢 小さじ2
砂糖 小さじ2
にんにく1片(大) みじん切り
コーシャーソルトまたは海塩 小さじ1・1/4
卵麺(生) 250 g
ごま 大さじ1
ワケギ1/3カップ(約6本)、白と薄緑の部分+緑の部分少量を薄切りにする
パクチー1/3カップ(10 g)ざく切り
ピーナッツ 1/4カップ(40 g)刻んで煎る

作り方:

小さいボウルにマリネ液の材料を入れてかき混ぜます。化学反応を起こさない容器に肉を入れ、マリネ液を加えて、よく揉み込みます。蓋をして冷蔵庫で4~12時間寝かせます。調理前に常温に戻します。

ごまねぎ冷麺の作り方:大きいボウルに、ごま油、しょうゆ、辣椒油、バルサミコ酢、米酢、砂糖、にんにく、塩を入れて混ぜ合わせます。

大きい鍋に塩水を入れて強火で沸騰させます。麺を入れて、少し固めにゆでます。(調理時間についてはパッケージの説明を読んでください。)ゆで上がった麺をすばやくザルに上げて、冷水に通します。もう一度よく水気を切ってから、大きいボウルに加えます。麺にたれが均一に絡まるように手で軽く混ぜ合わせます。常温で1時間寝かせて、時々かき混ぜながら、たれを染み込ませます。

小さい乾いたフライパンにごまを入れ、中火で約5分間、少し色がついて香ばしい香りがするまで煎ります。冷まします。

熱い炭火を用意します。直火で肉を時々返しながら、きれいな焼き色がつくまで焦がさないように焼きます。ハンガーステーキ、フランクステーキ、スカートステーキは、レアかミディアムレアが一番おいしくいただけます。ミディアムレアの場合、ハンガーステーキまたはフランクステーキなら約10分、スカートステーキなら約7分が目安です。肉汁が落ち着くまで5分休ませてから、繊維に対して直角に切っていきます。

盛り付ける直前に、煎りごま、ワケギ、パクチー、ピーナッツを麺に入れて、軽く混ぜ合わせます。塩で味を調え、個々のディナープレートに肉と麺を取り分けるか、大皿に盛りつけてファミリースタイルでお召し上がりください。

/ ワインと料理の組み合わせ

31 件中 1 ~ 10 件を表示
  • Barbera

    スモークサーモン、生ハムとモッツアレラ、フラットブレッドのフレッシュトマトとバジルのせなどによく合います。

  • Cabernet Franc

    ビーフシチューやゴーダチーズ、ローズマリー風味のポークなどによく合います。

  • Cabernet Sauvignon

    ビーフステーキやローストビーフなどによく合います。

  • Chardonnay

    白身の魚や甲殻類、チキンのバターソースなどによく合います。

  • Chenin Blanc

    ホタテ貝のグリルやチキンのココナッツカレー、羊のチーズなどによく合います。

  • Dessert wines

    一般的に、極甘口のデザート(チョコレート・トルテやクレーム・ブリュレなど)には極甘口のワインが、軽いデザート(フルーツやチーズケーキなど)には軽いデザートワインが合います。

  • Gewürztraminer

    白身魚の燻製やスパイシーな料理、ほんのりと甘いデザートなどによく合います。

  • Grenache

    サラミやハム、ソーセージなどによく合います。

  • Grenache Blanc

    カニやイカ、アサリのガーリックバターソースや、鯛のグリルなどによく合います。

  • Malbec

    ラム肉やビーフ・ファヒータス、根菜のローストなどによく合います。

Page
1   2   3   4  »