Wine and food

カリフォルニアにはいろいろな種類の料理があります。カリフォルニア・キュイジーヌの基本は、新鮮な食材とシェフたちの創造力、そして文化の融合です。

/ レシピ

2018年 8月
煮込んだピーマン、じゃがいも、トマトが魚をしっとりジューシーに仕上げます。にんにくとサフロンの香りが効いたアイオリソースを添えて、あとは堅焼きパンを用意するだけ。カリフォルニア・グルナッシュ・ブランまたはロゼと一緒にお召し上がりください。
86 件中 1 ~ 5 件を表示
2018年 7月
ハンガーステーキは「ブッチャーカット」とも呼ばれ、格別に柔らかく肉厚な赤身肉です。見つからなければ、フランクステーキか超薄切りのスカートステーキで代用できます。ごま風味の冷麺は、仕上げを除いて数時間前に準備できます。カリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニョンまたはカベルネ・フランと一緒にお召し上がりください。
2018年 6月
鴨の胸肉を「低温でゆっくり」調理すると、ほとんどの脂が溶け出し、皮はカリッと、肉はジューシーに焼き上がります。軽くて歯ごたえのあるサラダに、熱い鴨の脂を少量かけると、濃厚な肉との絶妙なバランスを味わうことができます。カリフォルニア・ピノ・ノワールまたはグルナッシュと一緒にお召し上がりください。
2018年 5月
母の日は、このミニピザとスパークリングワインでブランチはいかがでしょう。市販のピザ生地なら簡単ですが、お気に入りの自家製ピザ生地で置き換えることもできます。カリフォルニア・スパークリングワインまたはシャルドネと一緒にお召し上がりください。
2018年 4月
オッソブーコに使われる子牛の肉に似せて、肉屋でラムシャンク(子羊のスネ肉)を輪切りにしてもらいます。骨付き肉はソースを濃厚な味にするだけでなく、コラーゲンたっぷりの骨髄も溶け出します。お好みによって、丸ごとラムシャンクで調理することもできます。カリフォルニア・ピノ・ノワールまたはカベルネ・ソーヴィニョンと一緒にお召し上がりください。
Page
1   2   3   4   5   6   7   8   9  »

/ ワインと料理の組み合わせ

31 件中 1 ~ 10 件を表示
  • Barbera

    スモークサーモン、生ハムとモッツアレラ、フラットブレッドのフレッシュトマトとバジルのせなどによく合います。

  • Cabernet Franc

    ビーフシチューやゴーダチーズ、ローズマリー風味のポークなどによく合います。

  • Cabernet Sauvignon

    ビーフステーキやローストビーフなどによく合います。

  • Chardonnay

    白身の魚や甲殻類、チキンのバターソースなどによく合います。

  • Chenin Blanc

    ホタテ貝のグリルやチキンのココナッツカレー、羊のチーズなどによく合います。

  • Dessert wines

    一般的に、極甘口のデザート(チョコレート・トルテやクレーム・ブリュレなど)には極甘口のワインが、軽いデザート(フルーツやチーズケーキなど)には軽いデザートワインが合います。

  • Gewürztraminer

    白身魚の燻製やスパイシーな料理、ほんのりと甘いデザートなどによく合います。

  • Grenache

    サラミやハム、ソーセージなどによく合います。

  • Grenache Blanc

    カニやイカ、アサリのガーリックバターソースや、鯛のグリルなどによく合います。

  • Malbec

    ラム肉やビーフ・ファヒータス、根菜のローストなどによく合います。

Page
1   2   3   4  »