環境保全はカリフォルニアワイン産業のキーワードです。カリフォルニア州のブドウ栽培農家やワイン生産者は、長きにわたって環境保全型ワイン生産を実践しており、その啓蒙活動は1950年代にまでさかのぼります。カリフォルニアのワイン業界は環境保全とその透明性について強い決意をもち、自己採点法や認証プログラムを普及させています。

/ プログラムと認証

カリフォルニア・サステイナブル・ワイングローイング・アライアンス(CSWA)

CSWAは、2003年にワインインスティテュートとカリフォルニアワイン用ブドウ栽培者協会が共同で設立した非営利団体で、環境と地域社会に配慮したワイン生産の実践を目指しています。

For more information, visit: www.sustainablewinegrowing.org

California Sustainable Winegrowing Alliance (CSWA)

カリフォルニア サステイナブル ワイン生産認証 (CERTIFIED SUSTAINABLE)

“CERTIFIED SUSTAINABLE” は2010年に導入された環境保全型ワイン生産に関する認証プログラムで、200種類を超える推奨項目のうち、ブドウ畑やワイナリーがどの程度まで実践しているかを第三者機関によって検証し、更なる改善を促すものです。認証を維持するためには、ブドウ畑における58の必須項目、ワイナリーにおける37の必須項目をクリアしたうえで、自己評価のデータに基づいてもっとも優先されるべき次の諸項目を洗い出し、毎年毎年向上し続けなければなりません。ブドウ畑やワイナリーは、使用する水やエネルギー、温室効果ガスや窒素酸化物の排出量を計測・記録しなければなりませんし、ブドウ畑での農薬の使用も制限されます。2017年1月より“CERTIFIED SUSTAINABLE”ワインのロゴが導入され、100%カリフォルニア産で、認証を受けた畑のブドウが85%以上用いられたワインのラベルに、このロゴを表示可能となりました。

詳細な情報はこちらのサイトにあります(英文): SWP Certification Program

地域プログラムと認証

カリフォルニアの地区ごとのワイン生産者団体や、他の産物の生産者団体も、熱心に環境保全に取り組んでいます。我々はこうした活動を通して、高品質のワインを生産するだけでなく、環境に優しく、ビジネスとして存続可能で、社会に貢献する産業でありたいと願っています。

/環境保全型ワイン生産の実践マニュアル

ブドウ栽培およびワイン生産上の227種類の推奨項目について、自己評価を行うためのツール。この自己採点表によって、栽培農家やワイナリーは自社の環境保全に対する取り組みがどのレベルにあるかを客観的に判断でき、向上するための方策を得ることができます。

カリフォルニアにおける環境保全型ワイン生産の最先端にある栽培農家とワイン生産者をつなぐ役目を果たします。

カリフォルニア環境保全型ワイン生産プログラムの参加者リストは以下のサイトで閲覧できます:
http://www.sustainablewinegrowing.org
/swpparticipants.php

カリフォルニア環境保全型ワイン生産認証(CCSW)を受けたブドウ畑およびワイナリーのリストは以下のサイトで閲覧できます:
http://www.sustainablewinegrowing.org
/docs/CertifiedParticipants.pdf